×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  メカニック:神保»  WAKO'S RECS施工!

WAKO'S RECS施工!

WAKO'S RECS施工!

少し間隔が空いてしまいましたが…
週末は多くのお客様に来て頂き感謝です!

今回はDC5インテグラのお車へ
ワコーズのレックスを施工させて頂きました!
いつもメンテナンスでご用命頂き、
ありがとうございます!



もうかなり有名なエンジン内部の洗浄剤かと
思いますが、ざっくり言うと吸気側から
洗浄剤を霧状にして吸い込ませて
吸気側のバルブやピストンヘッドについた
カーボンなどの汚れを直接落とすものですね。

こんな感じで"点滴"して注入します!



レックス自体は他店でも行ってますし、
人によってはご自分でされる方もいらっしゃる
ようにそんなに難しくありません。
しかしオイル交換同様、当店ではこだわりの
ポイントがいくつかありまして…

①完全暖気状態で行う。
②若干レーシングして行う。
③注入口は極力スロットルの真後ろ。

といったポイントです!

そしてこれらのポイントを抑えて施工すると
レックス施工で良くある、施工後最後に
アクセル吹かすと白煙がもくもくと出てくる状態…
あれがほとんどありません!

というのもあの白煙自体、レックスの液剤が
エンジンの汚れを素通りして出てきた
燃え残ったレックスそのものなんです。

せっかく入れたレックスが素通りして来たのでは
なんの意味もありませんので…

まずしっかり暖気!同じ汚れでも熱した状態と
冷えた状態ではどちらが落ちやすいのか?
油汚れもお湯の方が落ちるように、
間違いなく熱した状態がベストです。

そして若干のレーシング、回転数を上げます!
アイドリングの回転数ではレックスが燃焼室に
入る前に失速してインテークに溜まってしまう
事が多々あります。
この溜まったレックスが施工後に、
アクセルを吹かした際に出てくる白煙の主な
原因になってしまいます。これはもったいない!

そしてレックスを入れる注入口!
これも負圧が取れる場所ならどこからでも
入れる事自体は出来ますが…
重要なのは全部のシリンダに均等にレックスを
注入すること。
各気筒から極端に離れた場所では
入る量にムラが出てしまいます。
なので流速が比較的安定しているスロットル直後
が一番良いかと思います!
ただこれは車種によって入れられる場所に
制限があるのでケースバイケースですね。

ざっくり言うとこんな感じのこだわり
ポイントになります!
そしてレックスの施工する間隔ですが、
出来れば年に一回!基本二年に一回をベースに
考えて頂けると良いと思います。
あくまでレックスは予防策です!
致命的な状態になってからレックスを施工しても
ほぼ効果は見込めないと思います。
だからこそエンジンをバラさなくても洗浄出来る
レックスの定期的な施工が重要になるのかなと
思います!
その定期的なレックスが最大の効果を
発揮出来るようプロとしてしっかり施工させて
頂きます!
その他エンジンの内部洗浄については
レックス以外にも試行錯誤してメニューを
作ってますのでぜひご相談下さい!

今回合わせてスロットルの清掃も
させて頂きましたが、長くなってしまったので
また後日…

 

2020-09-28 01:18:00

メカニック:神保   |  コメント(2)

 
  • 件 (全件)
  • 1

コメント

こちらこそありがとうございました!
早速体感して頂けたようで嬉しい限りです。
定期なメンテナンスこそ肝心なので、また色々とメニューを考えておきますね!
またのご来店お待ちしてます。

メカ神保 / 2020-09-29 20:30:27

作業ありがとうございました。
施工中にノートに図解レクチャーまでして頂き知識欲も満たされ有意義な時間を過ごせました。
さっそく翌日のドライブで全域のトルクが上がったように感じられ楽しく走れました。
エンジン回りの故障の予防策を非分解でできるRECSは素晴らしいです。
いつも丁寧確実な作業をして頂きありがとうございます。
レースサポートもお忙しいシーズンかと思いますが頑張ってください!

sekidc5 / 2020-09-28 09:01:16

お名前
URL
コメント