×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1

WAKO'S RECS施工!

少し間隔が空いてしまいましたが…
週末は多くのお客様に来て頂き感謝です!

今回はDC5インテグラのお車へ
ワコーズのレックスを施工させて頂きました!
いつもメンテナンスでご用命頂き、
ありがとうございます!



もうかなり有名なエンジン内部の洗浄剤かと
思いますが、ざっくり言うと吸気側から
洗浄剤を霧状にして吸い込ませて
吸気側のバルブやピストンヘッドについた
カーボンなどの汚れを直接落とすものですね。

こんな感じで"点滴"して注入します!



レックス自体は他店でも行ってますし、
人によってはご自分でされる方もいらっしゃる
ようにそんなに難しくありません。
しかしオイル交換同様、当店ではこだわりの
ポイントがいくつかありまして…

①完全暖気状態で行う。
②若干レーシングして行う。
③注入口は極力スロットルの真後ろ。

といったポイントです!

そしてこれらのポイントを抑えて施工すると
レックス施工で良くある、施工後最後に
アクセル吹かすと白煙がもくもくと出てくる状態…
あれがほとんどありません!

というのもあの白煙自体、レックスの液剤が
エンジンの汚れを素通りして出てきた
燃え残ったレックスそのものなんです。

せっかく入れたレックスが素通りして来たのでは
なんの意味もありませんので…

まずしっかり暖気!同じ汚れでも熱した状態と
冷えた状態ではどちらが落ちやすいのか?
油汚れもお湯の方が落ちるように、
間違いなく熱した状態がベストです。

そして若干のレーシング、回転数を上げます!
アイドリングの回転数ではレックスが燃焼室に
入る前に失速してインテークに溜まってしまう
事が多々あります。
この溜まったレックスが施工後に、
アクセルを吹かした際に出てくる白煙の主な
原因になってしまいます。これはもったいない!

そしてレックスを入れる注入口!
これも負圧が取れる場所ならどこからでも
入れる事自体は出来ますが…
重要なのは全部のシリンダに均等にレックスを
注入すること。
各気筒から極端に離れた場所では
入る量にムラが出てしまいます。
なので流速が比較的安定しているスロットル直後
が一番良いかと思います!
ただこれは車種によって入れられる場所に
制限があるのでケースバイケースですね。

ざっくり言うとこんな感じのこだわり
ポイントになります!
そしてレックスの施工する間隔ですが、
出来れば年に一回!基本二年に一回をベースに
考えて頂けると良いと思います。
あくまでレックスは予防策です!
致命的な状態になってからレックスを施工しても
ほぼ効果は見込めないと思います。
だからこそエンジンをバラさなくても洗浄出来る
レックスの定期的な施工が重要になるのかなと
思います!
その定期的なレックスが最大の効果を
発揮出来るようプロとしてしっかり施工させて
頂きます!
その他エンジンの内部洗浄については
レックス以外にも試行錯誤してメニューを
作ってますのでぜひご相談下さい!

今回合わせてスロットルの清掃も
させて頂きましたが、長くなってしまったので
また後日…

 

2020-09-28 01:18:00

コメント(0)

エンジンオイル交換の話

世間は連休真っ只中という事で…本日は沢山のお客様に来店頂きました!
本当にありがとうございます!

その中でも今回はエンジンオイル交換について!
当店で気をつけている事、拘っている事など
なかなか普段見えないところのお話を
できたらと思います!



エンジンオイル交換作業自体は難易度も
さほど高くなく、環境次第ではご自分で
作業される方も多いと思います。

しかしたかがオイル交換、されどオイル交換。
当店でのオイル交換作業の流れは…

①レベルゲージでオイルの量チェック
②車を前後ジャッキアップ
③オイルの抜き取り、エレメント交換
④抜いたオイルの量、鉄粉量、色味のチェック
⑤車をジャッキダウン
⑥オイルを充填
⑦エンジンを回してレベルゲージで量チェック

ざっくりこんな感じですが、
当店でこだわりの部分としては④の工程です。

わりと他店でも抜いたオイルはそのまま
廃油入れに入ってそのまま廃棄の
パターンが多いかと思います。
さらに最初にオイル量チェックしてるんだから
わざわざ測る必要なくない?!と
思うところもあるかと思いますが…



レベルゲージの物差し量はあくまで参考程度、
とにかくどのくらいオイル量が変動したのか
きっちり数字で知りたいのです。

エンジンオイルは通常であれば減っていきます。
その減るスピードをしっかり把握出来ていれば
オイル交換と同時にエンジンの健康診断も
簡易的に出来ることになります。



写真左側がこれから入れるオイル、
右側が抜いたオイルになります。
規定量が5.0Lになるので、この量が
レベルゲージでアッパーレベルになる
オイル量になる訳ですが…



抜いたオイル量をよく見ると
若干の減りが見えますね〜
しかしこの程度であれば全然
問題ないかと思います。

減り方は同じ車でも走り方、走る環境など
様々な要因に左右されるものなので
こういった細かなデータを残しておく事で
そのお客様に合わせたオーダーメイドな整備が
可能になるのかなと思ってます。

前回のオイル交換時より量が減っていれば
減る要因をさらに点検するきっかけになりますし、
鉄粉が多く、ギラついているので有れば
メタルなどエンジンに何かダメージが
あるのかもしれない…では他に何か、異音など
変わった事もないか深い点検に移れます。
色はどうなのか?匂いはどうなのか?
もう気にするとキリがないのですが…

 あと前提としてですが、オイルの抜く状況が、
変わってしまうと出てくる量も
変わってしまうのでオイルが温かいうちに、
必ず前後ジャッキアップして、交換作業を
させて頂いてます。

他店と比べてすこしオイル交換の作業に
お時間かかってしまう事もあり申し訳ないと
思う事も多々ありますが、
何よりもまず、一台しかないお客様のお車に
マッチした整備をするためにオイル交換から
しっかり点検していきたいと思い、
作業しておりますのでぜひ一度お気軽に
オイル交換からご来店お待ちしております!




 

2020-09-21 20:57:40

コメント(0)

ブレーキローターリフレッシュ!

本日はDC2インテグラのローター研磨、パッド交換
リフレッシュ作業です!







年式的にもかなりお疲れ気味です…
表側はそんなにひどくなさそうに見えても…
ひっくり返すとパイのようにポロポロと
崩れていく裏面(汗

しかしこのパターンは意外と多いです!
ここまで来るとブレーキのタッチの悪化、
制動力そのものの低下など…ブレーキの性能
大幅ダウンです!
ただこれも少しずつ悪化してしていくのでなかなか
気付きにくいのが難しいところ

定期的な点検がなにより大事です!







こちら研磨済みローター!
新品に交換せずとも、ローター自体の厚みが
研磨可能な範囲であればここまで綺麗になります!
これに新品パッドを組み合わせて完成になります。
しっかりかっちりのブレーキになりますよ!





こちら、キャリパーとパッドの間に入れるシムと
スライドピンも長年の汚れと錆で汚れてましたが…





しっかり磨いてグリスアップ!
ここの動きが渋くなると、スムーズな動きが
阻害されてパッドの片効きなどトラブルの
元になりますのでしっかり仕上げます!

今回はキャリパー自体のオーバーホールは
見送りましたが今回のメニューだけでも
かなりブレーキのフィーリングは
良くなったかと思います!

すごく地味な作業に見えますが、こういった
地道なものの積み重ねが車本来の
パフォーマンスを発揮するための
1番の方法かと思います。

レースカーでも同じで、華やかに見えても実は
意外なくらい地味で当たり前のことをコツコツを
やってるんですよ!
市販車もレースカーもとにかく基本の点検を
しっかり行ってこそです。

お乗りのお車でちょっと気になる事や
ちょっと聞いてみたい事など…そのちょっとを
お気軽にご相談下さい!
お客様に合わせた内容をご提案させて頂きます!


 

2020-09-14 23:28:51

コメント(0)

季節物エアコン修理!

オートショップSTAのメカニック、神保と申します
メカニック視点でお店のこと、車のことをお話し出来たらと思います!

本日の作業はFD3シビックのコンデンサー交換‍





FD型のシビックハイブリッドになるFD3はちょっと
マニアックな車種ですね〜
年式的にエアコン周りも疲れてきておりました…
ここまで来るとガス漏れからの冷え不良で
全くエアコンが効きません!
なのでコンデンサーとレシーバユニット、合わせて
コンプレッサーの交換になります。
ただコンプレッサーはまだ入荷していないので
先にコンデンサー周りを…





新品は気持ちがいいですね〜
今回は社外新品で対応しました。
あとはコンプレッサーが入荷次第、交換してガスを
充填して完了です!

今回は明らかなガス漏れのためエアコンが全く
効きませんでしたが、このくらいの年式になると
徐々にガス漏れしており、冷えが悪くなってる
車両も多いです。
ガス漏れと一緒にエアコンコンプレッサーのオイルも
漏れてしまい、最悪の場合コンプレッサーブロー、
そのコンプレッサーからの削りかすが
配管に回ってしまいエアコンのユニット全てが
不調に陥る事もあります。

そうならないためにも定期的なガスの
圧力チェックをお勧めします!
特に古い年式のお車、EK、FDシビックや
DCインテグラなど要注意ですよ!
あまり気にされない方も多いですが
しっかりメンテすれば体感で2〜3℃冷えますし、
フロントガラスの曇りもバッチリ消えます!
修理に関しても新品や社外品でお客様に合わせた
修理可能ですのでお気軽にご相談下さい!

季節物修理のご紹介でした‍。

 

2020-09-13 20:18:29

コメント(0)

WORK新商品 WORK EMOTION ZR10 FOR CIVIC TYPE R取扱い開始!!

AUTO SHOP S.T.A. 販売促進部の鈴木です。

この度、WORK新商品 『WORK EMOTION ZR10』 FOR CIVIC TYPE R 取扱い販売開始しました!!  お気軽にお問い合わせください!!

2020-09-12 14:58:43

  • 件 (全件)
  • 1